プランタン銀座 本館7階 ギャルリィ・ドゥ・プランタン 2003年6月17日〜23日

朝10時開店と同時に数名のお客様が来店。日中はゆったりと見れたのだが、夕方5時すぎになると、また仕事帰りのお客様で賑わった。 会場では、版画展と言うこともあり、井上先生自らが手がけられたピエゾグラフがずらりと並んだ。いずれも驚異的な色彩だ。 直筆作品も最新作が15点ほど展示され、さらに見所が増えている。中でも目を引くのは、未発表のまま個人所蔵になった雑誌MOE連載の1点「都市の森」のピエゾグラフ、また、 加筆の後、未発表のまま同じく個人所蔵になった「天文館の宵」、棚田のスケッチを元に制作された作品など。合計約40点が展示されている。 今回の出品作の中の「虹の里」は、井上先生のページで描く途中がご紹介されていたものだ。こちらです。井上直久先生は、土日にご来場予定。

ギャラリー内

ギャラリー内

船を見つけた日(ピエゾグラフ)

都市の森(ピエゾグラフ)

星の歌(ピエゾグラフ)

世界は私のコレクション(ピエゾグラフ)

市場の魔術師U(ピエゾグラフ)

天文館の宵(ピエゾグラフ)

お客様の来る日(ピエゾグラフ)

多島海からの手紙(ピエゾグラフ)

塔の娘(ピエゾグラフ)部分

多層海の嵐(原画)10P

旅の始め(原画)4F

空へのびる住まい(原画)40M

スマウラ(原画)6M

私の舟(原画)4P

旅の季節(原画)6F

花火屋の丘(原画)2F

雲を呼ぶ塔(原画)6F

虹の里(原画)4P変形